『53歳Iさん。従姉にあたる女性ですが、うなじあたりが凝るので漢方薬でいいのはないかとの相談でした。』

何種類か漢方薬を手持ちにある人なので、とりあえず『葛根湯(カッコントウ)』を飲んでもらいましたが、全く効かないようでした。

「漢方薬も当たりはずれがあるのかしら?」

と失礼なことをいうので、漢方薬の真価を知ってもらうためにも、一度じっくり話を聞いてみることにしました。

普段からみぞおちのあたりが重苦しく、つかえる感じがするので、内視鏡検査をしてみたが、異常なしと言うので食生活を聞いてみると、「主人は夜遅く帰宅するので、それまで食事をしないで、一緒に食事をとる習慣が続いている。」といいます。

そこで「ご主人にみぞおちを軽く押してもらってどんな感じがするか、肩の凝りの部分を指で押してもらってみて」と依頼しました。「みぞおちを押されると硬く張っていて、苦しい(心下痞硬という所見です)。肩こりはうなじのあたりよりもう少し下が張るんだよね。」との返事でした。

そこで、『半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)』を飲んでもらうことにしました。この薬は実際には胃薬として使うことが多いのですが、食べすぎの人や、寝る前に飲食する人の胃症状の他に、「肩こり」にも応用することがあります。

これが実によく効いてくれて、「今度の肩こりの漢方薬はよく効くね(そうじゃないんですけど…)。最初からこれを出してくれればいいのに(かわいくないな…)」と電話をいただきました。

「うなじの凝り」に「葛根」が有効なためにこれが配合された『葛根湯』がよく使われるのですが、実はこの「凝り」は筋肉疲労に有効なのであって、そうでない凝りにはあまり効かないことも多いです。

『半夏瀉心湯』は後頭部の下、肩甲骨の中央より少し上の凝りに有効と言われています。また、肩甲骨の中央やその周辺の凝りには「柴胡(サイコ)剤」が有効で、更年期の肩こりにはこの種の漢方薬が使われていて、女性の肩こりの5~6割はこのタイプです。

肩こりと漢方薬の関連は奥が深いのですが、一度異性の方(同性ではなく)に凝りの箇所を押してもらって、ご自分の肩こりのポイントを把握するのもよいのでは…。