子宮頸がんワクチン

子宮頸がんワクチン

予防できるがんがあるってしってましたか?

子宮頸がんをご存知ですか?

子宮頸がんグラフ

子宮頸がんは、若い世代に多いがんで、最近特に、20~30代の女性で急増しています。 子宮頸がんは、「発がん性ヒトパピローマウィルス(発がん性HPV)」というウィルスの感染が主な原因です。

発がん性HPVは、ごくありふれたウィルスで、ほとんどの女性が一生に一度は感染するという報告もあります。

子宮頸がん予防ワクチン

ワクチンと検診による子宮頸がん予防

子宮頸がん予防ワクチンは、子宮頸がんから多くみつかる発がん性HPV 16型と18型の感染を予防します。ただし、すべての発がん性HPVの感染を防ぐものではありません。ワクチン接種後も、20歳を過ぎたら定期的な子宮頸がん検診の受診が必要です。

子宮頸がんは定期的な子宮頸がん検診の受診とワクチンの接種でほぼ100%予防が可能です。

本ワクチンには、子宮頸がんの治療効果はありません。

子宮頸がんは,定期的な子宮頸がん検診の受診とワクチン接種で予防できます。

子宮頸がんに関する詳しい情報はAllwomem.jpへアクセスしてください。 手続きなどの詳しくは看護師または入院相談室にお問合せください。

接種について

≪接種回数≫それぞれ期間をあけて3回に分けて接種します。

1回目 2回目(1回目から1ヶ月後) 3回目(1回目から6ヶ月後)
対象年齢 1回目 2回目 3回目
10歳~50歳 17,850円 15,750円 15,750円
事前に予約してください。
Copyright © Aisei Hospital All Rights Reserved.