産科医療補償制度

産科医療補償制度のご案内

産科医療補償制度は、分娩に関連して発症した重度脳性麻痺の赤ちゃんに対する補償と原因分析・再発防止の機能をあわせもつ制度として創設されました。
当院では、お子さんを安心して産んでいただけるよういち早く制度に加入し、取り組んでまいりますので制度のご理解をよろしくお願いいたします。

産科医療補償制度の目的~どんな制度?

  • 分娩に関連して発病した脳性麻痺の児および、その家族の経済的負担を補償します。
  • 脳性麻痺発症の原因分析を行い、将来の脳性麻痺の予防に資する情報を提供します。
  • これらにより、紛争の防止。早期解決および産科医療の質の向上を図る目的の制度です。
分娩機関(病院)の加入により、すべての分娩が、本制度の対象となります。

補償対象~どのような場合に補償になりますか?

分娩により次の基準を満たす状態で出生した児

  • 出生体重が2,000g以上かつ、在胎周数33週以上
    ※【改定】(平成27年1月1日以降に出生した児の場合)
     出生体重が1,400g以上かつ、在胎周数32週以上
  • 身体障害者等級1・2級相当の重症者

※尚、出生体重・在胎周数の基準を下回る場合でも、在胎周数28週以上の児については、分娩に関連して発症した脳性麻痺に該当するか否かという観点から個別審査を行います。

ただし、先天性要因等の除外基準に該当するものは除かれます。

  • 先天性要因  ~両側性の広範な脳奇形、染色体異常、遺伝子異常、先天性代謝異常、先天異常
  • 新生児期要因~分娩後の感染症など

補償金額~補償される金額はどれくらい?

補償内容 支払回数 補償金額
準備一時金
※看護・介護を行うための基盤整備のための資金
1回
600万円
準備分割金
※看護・介護費用として毎年定期的に支給
20回
120万円/年

掛金はどのようになりますか?

掛金は1分娩あたり30,000円となります。
※【改定】(平成27年1月1日以降に出生した児の場合)
 掛金は1分娩あたり16,000円となります。

この制度開始に合わせて出産一時金が35万円から38万円に引き上げになります。 なお、掛金は分娩機関(病院)が運営組織に立かえて支払います。患者様は退院時にご精算していただきます。

補償対象分娩~いつから対象になりますか?

平成21年1月1日(木)以降の分娩から対象となっております。

  ※平成20年10月1日より妊産婦情報の登録を開始しています。

産科医療補償制度の仕組み

産科医療補償制度の仕組み

詳しくは、看護師または入院相談室にお問合せください。

Copyright © Aisei Hospital All Rights Reserved.