腰痛はぎっくり腰などの急性なものから慢性なものなど様々なケースがありますが、今回は腰痛に関わる漢方薬についてお話いたします。腰痛は整形外科的な治療がまずは重要ですが、それでも完全に症状が改善しない場合やそれに伴う不定愁訴が続く場合には漢方薬が役立つことがあります。

 ぎっくり腰などの急性のものには『芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)』を頓用すると劇的に良くなります。これは症状が出現した場合になるべく早急に内服するのがコツです。

 慢性的な腰痛にしびれを伴う場合には『牛車腎気丸(ゴシャジンキガン)』、それに下肢の冷えを伴う場合には『当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)』、特に腰痛以外に症状がない場合には『疎経活血湯(ソケイカッケツトウ)』をよく使います。 慢性化した腰痛には「瘀血(オケツ)」といういわゆる「うっ血」によるものが多く、これを改善する「駆瘀血薬」である『桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)』などを併用するとより効果的です。

 長い距離を歩けない、特にある一定の距離を歩くとそれ以上は休まないと歩けなくなる症状(間歇性跛行)には動脈の閉塞などによっておこる血管性のものと、腰部脊柱管狭窄症などによっておこる整形外科的なものがありますが、症状の原因は別でもどちらの場合にも漢方医学的には『当帰四逆加呉茱萸生姜湯』が有効であることが知られています。

 腰痛症は手術による治療が可能であれば、それが最優先ですが、何らかの理由でそれができないとか、手術までの待機中などにも漢方薬は適応となります。

 症状の改善には一筋縄ではいかない場合も多いですが、痛みが強い場合にはさらに『附子(ブシ)末』を加えたり、「気」を補う『補中益気湯(ホチュウエッキトウ)』を用いたりもします。腰痛が続くと気持ちも落ち込んだりしますが、漢方薬はそちらもカバーしますので、漢方治療はある意味では実践的な治療でもあると思います。